忍者ブログ
ぽんぬの主に同人関係お知らせブログ。 「軟骨撤退」または「投擲クロワッサン」というサークル名で東方界隈をうろうろしてます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


八雲オンリーの記事でも触れましたが、今週末3月25日開催の複合型イベント『とりろじ02』内で行われる、『東方不敗小町ぷちこまち2』の『斑鳩1400年祭』に参加します。(複合型イベントなのでちょっとややこしい……主催HPの参照をお勧めします)
 
スペースは『C-03a』、サークル名は『投擲クロワッサン』
新刊は『夢殿恋仙歌』となっています。

夢殿恋仙歌

こんな感じ。

成年向なのは私のせいです。にゃんにゃんとふとちゃんが延々とベッドの上でいちゃいちゃし続けるだけの短編を書きました。楽しかったです(小学生並みの感想)




 喪うのは、いつも春だった。
 
 あの頃の記憶は今や、夢現に見る幻のように覚束なくて、像を結ぼうとしても端からほどけてしまうような、輪郭のない色彩でしかない。けれど、梅の花が薫る中で誰かと交わした言葉だけは、何度となく蘇って――そしてその朧さ故に、喪失の疼痛を呼び起こしていた。


・・・・・・・・・・


 ――なんだ、結局文句はないのではないか。
「ちゅぷ……ん」ゆっくりと口を離し、唇を濡らしたぬるい唾液を舌先で味わいながら、「青娥殿。実に良い機会だ、このまま二人で目覚めの運動をしよう。うむ、我ながら冴えた提案であるな。そうであろう?」
「……」
「む。な、なんじゃその視線は」


・・・・・・・・・・


 二人の間に己がいる場所など少しも残されていなかったのだと、そんなことばかりが蘇るのだ――春には。
「なあ、青娥殿、我は」
「物部様」割れそうになる声を、青娥の呼びかけと白い手が穏やかに遮った。「物部様は、春がお嫌いなのですね。だから、怖がりになってしまわれる」
「……うん」
 


合同新刊『夢殿恋仙歌』(なめにげ『ひとひら』ぽんぬ『春情、暁を』)
A5オフセット 表紙カラー 44P小説本
頒布価格500円(予定)

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
今なにしてる?
プロフィール
Author:ぽんぬ

女性。関西在住。学生。
サークル軟骨撤退の中の人。
字を書いたり絵を描いたり。

今ではすっかり東方厨。割と重度の神霊廟患者です。
あとはMagic:the Gatheringが好き。

連絡先:ponnu41@gmail.com
※@マークを半角に変更してください。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アクセス解析
P R
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   asphyxia   All Rights Reserved
Design by MMIT / T-B4  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]